歴史

ビストロから…

シャンパーニュ・マンジャンの歴史は、20世紀前半に始まります。当時、ガブリエルとフェルナンドは、赤ワ インの生産者で、自分のビストロでワインを販売していました。そこは、ルブリニー近 く« ル シェンヌ ラ レーヌ »の小村にある、唯一人々が集う場所でした。

その後、シャンパーニュが知られ、特に海外で商業的な発展をみせた時、ブドウ畑の仕事も増え たため、ガブリエルは少しずつやり方を変え、ブドウを大規模なシャンパーニュメゾン(クリュッグ) へ納入することにしました。

…シャンパーニュの生産へ

その子供たち、レネとアンドレ(第2世代)はビストロをやめ、シャンパーニュの製造へ従事するた めに赤ワ インを商品化しました。シャンパーニュ マンジャン・エ・フィスの誕生です。

ベルナルドとフランソワーズ(第3世代)は、1980 年代にシャンパンの商品化に成功、シャンパー ニュ マンジャン・エ・フィスは世の中に知られることになりました。

今日、シャンパーニュ・マンジャンは、セドリック・マンジャン(第4世代)と4人のフルタ イムのスタッフで運営されています。

このサイトを通して、私たちのメゾン・ド・シャンパーニュを知って頂ければと思いま す。ご質問がございましたら、お電話、またはこちらのフォームからご連絡下さい